中古車選びの価格のからくり

中古車選びの価格のからくり

誰もが悩む「中古車選び」

 

車の購入に際しては、みなさん、悲喜こもごもの体験をしますね。

 

たとえば、中古車販売店でセールスマンとどんな会話をするでしょうか?

 

「ご予算はいくらですか?」

 

「そうですね…100万円くらい。100万円には収めたいな」

 

そもそもこの会話がそもそもの間違いなのです。

 

多くの人が中古車を買うときに「100万円に収めたい」と考えるものですが、じつはこの会話の延長線上に、「予算100万円」と考えるお客さんの理想の車はありません。

 

多くの場合、結果的に満足できる買い物はできないのです。

 

なぜか?それは次のような理由からです。

 

中古車のセールスマンはお客さんの予算内で自社の「手持ち」の車を紹介せざるを得ないからです。

 

満足できる買い物ができない第一の理由は、セールスマンは、予算が100万円なら100万円で、その予算に収まる車を自社の手持ちの車から探して売ることしかできないからです。

 

実際には諸経費などもありますので、店頭の表示価格が80万円くらいの車になってしまいます。

 

中古車本体+諸経費=支払総額

 

では、店頭での表示価格が80万円の車の仕入れ価格はどれくらいか想像できますか?

 

相場価格は、60万前後が通常です。

 

では、3年落ちの中古車で相場価格が60万円の車は、新車だといくらかの店頭価格か想像できますか?

 

相場価格には、年式、走行距離、など細かく関係しているのですが、多くの人が買い求める一般的な車でイメージすると、120万~130万円でしょう。

 

それが、初回車検が満了になる車検切れの3年落ちになると、おそらく60万円強の相場価格でしょう。

 

それくらいの価格帯の車が中古車販売店では80万円くらいで販売され、「予算100万円というニーズに合致するということになります。

ですので、の100万円という予算感は、実際には60万円前後で取引された結果の価格だということを知っておきましょう。

 

最も初歩的な間違いは、100万円の予算と考えて中古車を買いにきたお客さんが、店頭の販売価格が98万円の車を見て、「これなら買えそうだ」と思うことです。

 

この場合、実際の支払額は諸経費が加算され、120万円くらいにはなります。

 

中古車探し

関連記事

  1. 中古車の取得税を0円にする方法
  2. オークションを使って中古車を買う
  3. 良い中古車販売店とは
  4. 失敗しない中古車販売店の選び方
  5. 賢い中古車選び~走行距離の長い軽自動車がおすすめ~
  6. 中古車の内装~たばこ・ペットのにおい~
  7. 中古車の修理歴をどこまでチェックすればいいのか?
  8. 中古車はキズがあるのが当たり前?事故歴と修復歴の見分け方
  9. 安くしか売却できない車
  10. 中古車の走行距離

トラックバックURL

http://www.neurogenes.org/oldcar/39.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です