中古車はキズがあるのが当たり前?事故歴と修復歴の見分け方

車を売るなら|高額で売却するためのコツ > 中古車選び > 中古車はキズがあるのが当たり前?事故歴と修復歴の見分け方

中古車はキズがあるのが当たり前?事故歴と修復歴の見分け方

中古車を購入するとき、気になるのがキズ。

 

ですが、大なり小なりキズがありのは当たり前と思っておきましょう。

 

ただし、店頭で売られている車は見栄えを良くしないといけないので、ある程度のキズを修復して、店頭に並べるものです。

 

その修復が実際のところ、お客さんにとって納得がいくものかという問題になってくるでしょう。

 

お客さんであるあなたは、キズをどのように修復しているにおかを見抜かなければなりません。

 

どのように見分けるのか?

 

まず大事なのは、「車両状態図」できちんと確認することです。

 

よく旅行先でレンタカーを借りた時に車の絵に×印を付けるものと同じです。

 

それを見れば、どこにキズがあったかが一応確認できます。

 

目の前にある車としっかり照らし合わせて、綺麗になおしてあるかも判断できるでしょう。

 

納得できないなおし方であっても、販売閣下うと照らし合わせて購入を検討するとよいでしょう

 

さらに買うときに気になるのが「事故歴」。

 

これは、本来「事故歴」と「修復歴」という二つに分かれます。

 

事故をしたかどうかは、「事故歴」で、フレームのゆがみなど走行に支障をきたす損傷の修理跡が「修復歴」になります。

 

前の所有者はそのような事故をしていないというわけではないのです。

 

また、修理歴の表示もフレームがゆがむとか、走行に支障をきたすレベルのものを表示するだけで、こまかな「かすり傷」程度のものは修理歴には表示されません。

 

修理歴は通常、プライスボードに「ある・なし」が表示されますが、修理の回数までは表示されません。

 

もし、表示し忘れていても、販売てんには見にきたお客さんに対して、修理歴があることをつたえないといけないルールになっています。

 

ですから、修復歴のレベルで嘘をついて販売することはなく、買う側は心配する必要はないでしょう。

 

修理歴のある車は、販売価格もそれに応じて下がっているので、最終的には、その価格で納得して買うかどうかということになります。

 

なお、「修理歴のない事故歴」については、状態図には出ています。

 

たとえば、「左側前後ろまですべて交換」といった表示とともに、その部分を図に示してあるのです。

 

そうなると、「交換ってことは事故で当たったkあ、当てられたかでもしたんだろうな」ということがわかります。

 

実は、「走行に支障が修理歴」というのは、修復歴があることで車の価格は下がり、一方で走行に支障はないので「お買い得」ということもできます。

 

その点で、最近、増えていることにひょう害があります。

 

ひょうが降ってきて天井がへこみ、それを修理すると天井は交換できないので修復歴になります。

 

しかし、評価が下がるけれども、走るのに支障はありません。

 

ですから、車種・年式などの好みが合えば、買って得する車です。

関連記事

  1. 中古車の取得税を0円にする方法
  2. オークションを使って中古車を買う
  3. 良い中古車販売店とは
  4. 失敗しない中古車販売店の選び方
  5. 賢い中古車選び~走行距離の長い軽自動車がおすすめ~
  6. 中古車の内装~たばこ・ペットのにおい~
  7. 中古車の修理歴をどこまでチェックすればいいのか?
  8. 安くしか売却できない車
  9. 中古車の走行距離
  10. 失敗しないための中古車選び3つのポイント

トラックバックURL

http://www.neurogenes.org/oldcar/116.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です