エコーカーブームを見極める

車を売るなら|高額で売却するためのコツ > 新車選び > エコーカーブームを見極める

エコーカーブームを見極める

最近の自動車業界のブームは何と言ってもエコカーです。

 

ガソリン代の高騰などでさらに人気が進んでいます。

 

「今度、買うときはエコカーに」と考えている人は多いのではないでしょうか?

 

ただし、メーカー側の宣伝に踊らされている感がなきにしもあらずです。

 

電気自動車は、バッティー基準が統一されていないので、ガソリンスタンドで給油するような手軽さの実現はまだ先のことです。

 

今後、10年くらいは浸透しない可能性が高いばかりか、日産「リーフ」はその「アダ花」になってしまうような可能性すらあります。

 

「自宅で充電」とうたっていますが、マンションの人は?とか月極駐車場の人は?となってしまいます。

 

電気自動車が浸透するには、まだまだ時間がかかりそうです。

 

ハイブリッドはいわば「混血」のことで、発進時にモーターの力でエンジンをアシストする仕組みです。

 

つまり、エンジンとモーターを二つ持っているということから名づけられています。

 

車は発進時に最も燃料を消費するのですが、その発進時にはモーターもしくはエンジン+モーターを使い、一定基準の速度を超えるとエンジンで動くのです。

 

この仕組みも、国産車・国産メーカーではどこも積極的に、かつ一様に取り組んでいるわけではありません。

 

トヨタやホンダが先行し、最近は日産も取り組み始めました。

 

マツダはスカイアクティブという独自技術で攻撃をかけ、ダイハツ、スズキも第三のエコカーと呼ばれるガソリンエンジン車を出し、日産と三菱が電気自動車を出すなどの業界模様になってきています。

 

また、外車でもベンツ・BMW・アウディーなどもハイブリッドに参入してきています。

 

ですから、ひとくちにエコということでメーカーにすすめられるままに購入しようとすると、相対的にまったくエコではなかったり、より快適な車を買いのがしたりすることになってしまう可能性があるのです。

 

でも、今のところガソリン代の高騰や車体価格や燃費を考えるとハイブリッドカーである「プリウス」「アクア」「フィットハイブリッド」などがおススメです。

 

autoone

関連記事

  1. 独身時代、どんな車を選ぶ?
  2. オプションにこだわりすぎて
  3. 見た目で車は買ってはいけない
  4. 車を安く買うための交渉テクニックとは?
  5. 車の色の選び方とは?
  6. 軽自動車はホントにお得なのか?
  7. 車を買うなら月割りで価格費用を計算する
  8. ローンで車を買うなら新車がお得?
  9. 値崩れしない車は?大衆車で得をする新車とは?
  10. ベンツvsレクサスの査定価格

トラックバックURL

http://www.neurogenes.org/newcar/88.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です