車を安く買うための交渉テクニックとは?

車を売るなら|高額で売却するためのコツ > 新車選び > 車を安く買うための交渉テクニックとは?

車を安く買うための交渉テクニックとは?

中古車を安く買うためには衝動買いをしたいことです。

 

 

その場では決して決めない。

 

 

販売店はの営業マンは、最後に決め台詞で「今日決めてくれれば…」という話をすることが多いです。

 

 

「今、返事をいtだければ、●●をサービスします。」

「私も●台で目標を達成できますので、フォローはしっかりいたします。」

「店長を呼んできます。店長なら何とか値引きをしてくれるかもしれません。」

 

 

そういった営業用のクロージングが一般的になっていて、店側は、「今、そのとき」に買ってくれることを決めたがっているのです。

 

 

そこで、買う側はひと呼吸置くのです。

 

 

そこで、首を立てに振ってしまうと、高い買い物をするとまでもいいませんが、得する買い物はできばいでしょう。

 

 

値切るかどうかですが、新車の場合は同じグレードの価格については、販売店が変わっても統一されている面がありますが、他県では若干の値引き幅に差が出ることもあります。

 

 

ただし、「売っている価格は同じことはわかったけど、では、ホントに同じ車ならみんな同じ値段でかっているの?」と聞かれるとそうとも言えません。

 

 

ですから、車を決めたら管理人的には値引きを交渉することをお勧めします。

 

 

同じ140万円の支払いでも、オプション装備が変わってくる可能性があるからです。

 

 

さらに、まったく同じ車ではなく、同じクラスの他系列の車と比較して値引きする場合も、サービスが変わっても可能性はあります。

 

 

これは「ノア」「VOXY」のような関係を比較して交渉すると思ってもらってもよいです。

 

 

値引きに対する感覚は、ひと頃とはだいぶ変わってきています。

 

 

家電店で、お客さんが他店のチラシを持って行って、「あそこがこの値段だから、おたくはもっと安くできるでしょ!」と車の販売店でも、そのような姿を見かけることがあります。

 

 

ですから、舘んで見積もってもらった見積書を素直に見せて、「やすくなりませんか_」と聞いてみるのも一つの方法です。

 

 

言葉では、言葉だけよりも説得力はあります、きちんと見積書を見せて交渉してみましょう。

 

 

店側もかつては販売協力店というしくみのなかで、価格的に統一させていたものですが、そのしくみ自体が暖くなってきていますので、値引きしてもらえる可能性が高まります。

 

 

なお、他の販売店で「未使用車の見積もり」をもらってくる方法もあります。

 

 

そして、「未使用車でこの価格ですが、新車だったらどうなりますか?」と聞くのです。

 

 

そうすれば、その販売店の売り上げの状況や店長、セールスマンとの関係によりますが、未使用車と同程度の値段まで下げてくれる店もあります。

 

 

「見積りをしてくれた社名がわかったりするのは、よくないのでは?」と思うかもしれませんが、そのようなことを気にする必要はありません。

 

 

販売店同士、お互いにわかっていつことですから。

 

 

このような値引き状況を見るとき、「いっそのことネット通販で買った方が安く上がりのではないか」というのも気になります。

 

 

結論をいうと「できなくはありません。」

 

 

しかし、実際の新車試乗はそのおうにはなっていません。

 

 

むしろ、ネットでは見積もりをとり、其れを販売店へ持っていく」という方が、納得価格で買い物ができる可能性が高いです。

 

 

autoone

 

 

関連記事

  1. 独身時代、どんな車を選ぶ?
  2. オプションにこだわりすぎて
  3. 見た目で車は買ってはいけない
  4. 車の色の選び方とは?
  5. 軽自動車はホントにお得なのか?
  6. 車を買うなら月割りで価格費用を計算する
  7. ローンで車を買うなら新車がお得?
  8. 値崩れしない車は?大衆車で得をする新車とは?
  9. ベンツvsレクサスの査定価格
  10. 新車は必ず乗り比べしてから購入しよう

トラックバックURL

http://www.neurogenes.org/newcar/172.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です