軽自動車はホントにお得なのか?

車を売るなら|高額で売却するためのコツ > 新車選び > 軽自動車はホントにお得なのか?

軽自動車はホントにお得なのか?

日本では、軽自動車の販売台数はものすごく多いです。

 

需要が高いということです。

 

理由は、維持費が安いことや燃費が良い、車体価格が安いなどあります。

 

その軽自動車の購入で結局、損をしてしまうのは、形=見た目にとらわれすぎて高額なものを買ってしまう人がいます。

 

一般的に軽自動車は「小回りがきいて小型車よりも安い」というイメージがありますが果たして本当なのでしょうか?

 

「フィット」や「ヴィッツ」などの1000ccクラスの小型車と比べると、軽自動車は決して安い買い物ではないのです。

 

結局高くついてしまうケースもよくあります。

 

たとえば、ホンダの「N-BOX」という最近よく売れている軽自動車。

 

一般的なオプション装備をつけると、ゆうに200万円くらいの買い物になります。

 

この傾向は、車両価格だけでなく維持費についても同様です。

 

維持費を聞くとまず思い浮かべるのが税金ではないでしょうか?

 

確かに、税金は軽自動車の方が安くなります。

 

ところが燃料消費率=燃費が軽自動車の方がよくない傾向にあるのです。

 

今、小型車はリッター17~18キロ走る車が増えていますが、軽自動車じゃ、まだまだ10キロ走れば、十分という車はたくさんあります。

 

管理人の所有している日産のルークスもリッター12.5キロです。

 

装備や乗り方などによって変わってきますが、場合によっては軽自動車の方が2倍くらい燃費は悪くなることもあるのです。

 

もう一点、軽自動車は小型車に比べると安全性に難があります。

 

これは、軽自動車という規格がいまのところ世界の中でも日本にしかないというところも影響しているのでしょう。

 

決められたサイズに収めなくてはならない一方一定の室内空間を維持しなければならないので、強度面では小型車の方が優れているのです。

 

規格面では軽自動車のエンジンも660ccまでときめられています。

 

そのため、安全性を重視した軽自動車ほど車体が重くなり、燃費が悪くなるのです。

 

また、エコカー補助金という制度がありましたが、軽自動車はその基準をほとんど達成できなかった経緯があります。

 

単純に燃費が悪く、エコカーの基準に満たなかったのです。

 

そのためエコカーの車種として選定されませんでした。

 

最近は、排ガス規定の★マークをみても、軽自動車の★が少ないケースが多いのも特徴です。

 

軽自動車は多くの人にエコな車というイメージがありますが、そうとはいえないのが実情です。

 

ですが、ダイハツが「第3のエコカー」というコンセプトで、燃費の良い軽自動車を販売しました。

 

少しずつ、軽自動車も進化はしています。

 

honda

 

 

autoone

 

 

 

関連記事

  1. 独身時代、どんな車を選ぶ?
  2. オプションにこだわりすぎて
  3. 見た目で車は買ってはいけない
  4. 車を安く買うための交渉テクニックとは?
  5. 車の色の選び方とは?
  6. 車を買うなら月割りで価格費用を計算する
  7. ローンで車を買うなら新車がお得?
  8. 値崩れしない車は?大衆車で得をする新車とは?
  9. ベンツvsレクサスの査定価格
  10. 新車は必ず乗り比べしてから購入しよう

トラックバックURL

http://www.neurogenes.org/newcar/158.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です