値崩れしない車は?大衆車で得をする新車とは?

車を売るなら|高額で売却するためのコツ > 新車選び > 値崩れしない車は?大衆車で得をする新車とは?

値崩れしない車は?大衆車で得をする新車とは?

フォルクスワーゲン「ゴルフ」。

 

新車で購入すると250万円~300万円くらいはしますが、年数が経つと、同じ年式のトヨタ「ヴィッツ」と同じくらいの相場価格に下がります。

 

どうしてこのようなことになるのでしょうか?

 

「ヴィッツ」並みに販売価格が下がった中古車の「ゴルフ」を買えば、「ヴィッツ」よりも装備はよく、買ったあとも「値が保てる」ということがよくあるからです。

 

この点が、買取り価格は安いけど、販売価格は高い、「ベンツ」のような高級車とは異なるところなのです。

 

では、車の買取価格がどのように下がっていくかをかんがえてみましょう。

 

新車を購入して中古車で売却すると、その買取価格は、まず、どんな車でも新車からパーセントで下がっていきます。

 

年間50万円とか80万円といった「額」で下がるのではなく、10パーセントとか20パーセントといった「率」で下がるのです。

 

ですから、当然、高級車を買えば、最初の数年は値下がり額が大きく、大衆車を買えば、相対的に値下がり額が小さくなるのです。

 

この例外は、前述したような希少価値のある高級車くらいといってよいでしょう。

 

私のところにも、車の購入や売却の相談にきたお客さんが、「去年、800万円で買った「ランドクルーザー」を売却しようとディーラーに相談したら、600万円だっていわれたんだよ。1年で200万円も価値が下がるってあるんですか!?」といった話がよく聞きますが、それが現実です。

 

ですから、このような値下がり感を理解し、納得している人は、ステータスシンボルというものでも感じない限り高級車には手を出しません。

 

「ゴルフ」のように、中古の価格が落ち着いてきたところで、より自分にふさわしい車は何かを考えて中古車を購入します。

 

これが大衆車で得するコツなのです。

 

autoone

関連記事

  1. 独身時代、どんな車を選ぶ?
  2. オプションにこだわりすぎて
  3. 見た目で車は買ってはいけない
  4. 車を安く買うための交渉テクニックとは?
  5. 車の色の選び方とは?
  6. 軽自動車はホントにお得なのか?
  7. 車を買うなら月割りで価格費用を計算する
  8. ローンで車を買うなら新車がお得?
  9. ベンツvsレクサスの査定価格
  10. 新車は必ず乗り比べしてから購入しよう

トラックバックURL

http://www.neurogenes.org/newcar/131.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です