下取り価格と買取価格

下取り価格と買取価格

中古車の売却のために店を訪れると、査定表をもとに実際の売却価格を査定してもらいます。

 

このときに注意したいのは、売却には「下取り価格」と「買い取り価格」があるということです。

 

1.下取り価格
下取り価格は、その店で別の車を購入すること前提とした価格ですから、基本価格はあるものの、実際にいくらの値段を付けようと店側の自由です。
そのため、新しく買う車の値引き幅の調整に使われることもよくあります。

 

2.買い取り価格
一方の買い取り価格は、オークション市場での相場価格から、買い取り店の利益を差し引いた価格となります。
オークションの相場価格は厳密なものではないともいえるので、細かなキズをチェックしていくとは言っても、実際の金額の算定は大ざっぱなものです。

 

流通価格(販売店の店頭価格)から年式や走行距離、キズの程度などを判断して算出するわけです。

 

ただし、大ざっぱといってもビジネスとしてたくさんの車を見ているプロの目で判断するわけですから、実際の売却金額が店や担当者によって大きく変わることはまずありません。

 

いずれにせよ、基本となる流通価格、買い取り価格は、売却の前にしっかりと押さえておくべきです。

 

それがわからなければ、値段が高いか低いかの判断ができないからです。

 

01

 

関連記事

  1. 車の査定には一定のルールがある
  2. 買い取りと下取りで損得は出るか?

トラックバックURL

http://www.neurogenes.org/knowledge/7.html/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です